そこそこhappyLIFE。 > 過去ログページ

2017年01月26日

「子どものパン食は今日からおやめなさい!」を読んでます。

スポンサードリンク


娘が低身長で定期検診を受け始めてから、ずっと「食」関する本を読んでます。
大きくなるには、やっぱり食べるものが大事だろうと思って。
ずっと、とか書いたけど、ゆっくり図書館で借りて読んでるので、そんなに沢山は読んでないかも。服部幸應さんとか若杉ばあちゃんとか、栄養の本とかマクロビの本とか、色々。2年くらいになるかな?ゆっくりまったり読んでます。で、今回借りた本が、一番共感できました。


20170126123944538.jpg

「子どものパン食は今日からおやめなさい!」幕内秀夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! [ 幕内秀夫 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/1/26時点)




マクロビ関係の本は、参考程度に読んでます。実践しようかと思った時期もあったのですが、結構大変だし、何より面白くなかった。自分が本当に納得してないのに半信半疑で実践しようとしてもうまくいかないですね。やりすぎるとストレスになるし。
でも、基本的な考え方は参考にしてるし、玄米も食べてます。娘は食が細かったので、ごはんだけでもたくさんの栄養がとれるように始めたんですが、すっかり玄米好きの子どもになりました(笑)玄米だけだと消化が大変なので、一晩水につけた玄米と白米を1対2の割合で混ぜて炊いてます。あと、旬の野菜をたっぷりと肉や魚は気持ち控えめにって感じで。

神経質になってもよくないですね。この本にもありますが「一冊の本も読まない人は、なんでも食べることをバランスのいい食事と考える。十冊の本を読んだ人は極端に走り、三十冊の本を読んだ人はノイローゼになり、百冊の本を読むと、何も食べられなくなる」
分かります。多分、十冊読んだくらいの私はそうだったかも(笑)

日本人の食生活の変化が、歴史背景を踏まえて分かりやすく書かれています。こんなタイトルですが、最後に書かれている「いますぐ実践できる究極の七か条」には、パンを絶対食べるな、とは書いてません。インパクトのあるタイトルって大事なんでしょうね〜。なんとな〜く疑問に感じていたことが、ビシッと納得できるように書かれていて、出会えてよかった一冊です。

幕内秀夫さんは、アメブロもされていて、これも面白いです。

幕内秀夫の食生活日記

あ、一緒にかりた「子育てマクロビ教室」は、ホント、参考程度に。まったく同意できないわけではないので、今でもマクロビの本はちょこちょこ読んでます。




落ち着きがないとか、攻撃的になるとか、泣き虫がマクロビで治ったら子育てに苦労はしないよねぇ、と思いながらも、人間は食べたもので出来てるんだから一理あるのか?と半信半疑。まぁ、面白いっちゃあ面白い。


これはもっと面白かった本。

20170126124004114.jpg

なんでコレ?なにその理由( ´,_ゝ`)プッとなりながら読みました。
こういうのも、ある意味参考になります。





食に関する考え方って、色々あります。
でも、やっぱり「すべての楽しいことはお腹にいいのですよ」なんだと思います。だってムーミンママが言ってるんだもの。


あちゃ。


にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
posted by あちゃ。 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいごはんのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

学資保険を契約しました。

スポンサードリンク


タイトルまんま(笑)先日契約してきました。

先日つっても去年で11月の話だけどね。今更過ぎる記録。
娘の出産祝いと児童手当が、けっこうまとまった金額になったので、銀行に行ったときに相談したんです。これくらいあるから、一番利率がいい商品教えてくださいな、と。

私、むかーし銀行に勤めてて、そっから生命保険、損害保険の業界で働いてたんですね。さらに保険商品を調べるのも結構好き。で、相談したらどんな商品教えてくれるかしら?という好奇心もあって。
そんで契約したのは住友生命のたのしみ未来って商品です。全期前納して年金受け取りで返礼率は111.2%。悪くないです。

要は、保険料を一括で支払って置いとくんです。で18歳になったら、五年間、年に一回ずつまとまった金額で受け取るわけです。それが払った保険料より11.2%多い、と。一度に受け取ることもできますが、年金受け取りの方が返礼率がいいのです。中途解約したら、100%は返ってこないので損します。5年たてばちょっと増えますが。あとは縁起でもないですが死亡給付金はほぼ払った保険料くらいかな。定期預金においとくより、ずっと増えます。

基本の医療、ガン、死亡保険は自分が働いていたときにキッチリ契約してますが、増やすための保険は銀行が便利ですね。そのまま口座から引き落として契約できるし、もらえるノベルティも豊富(笑)
ウエットティッシュとか洗剤頂きました。ありがとうございます( ̄m ̄〃)

子どもが産まれると、学資保険だなんだと勧められますよね。
でも、名目はどうであれ、一番効率よく増やすことが大事だと思います。以前参加したセミナーで聞いたのですが、日本人は「お金に働いてもらう」意識が低いそうです。何となく定期預金、勧められた保険商品ではもったいない。まとまったお金があるなら、どう働いてもらって増やすか、それを考えたほうがいいと思います。知らないから、なんとなく怖い、ではなく調べて、相談して、納得して、選ぶのが一番いい。
子どものお金だから、何かあった時に使うわけでもない。どうせほっとくなら、効率よく増やしたいので、保険を契約したのです。

保険商品って、たくさんあって、選ぶのは難しい。そんな時は専門家に聞くのが一番いいと思います。その時大事なのは、目的をはっきりと伝えることです。例えば、自分の保障が欲しいのか、家族の保障が欲しいのか、資産を増やしたいのか。そして、保障を充実させたいのか、保険料を抑えたいのか。
よく保険は安かろう、悪かろうではないといいますが、保険料の違いは保障の違いです。入院日額5000円で、ネット保険に変えたら保険料が安くなりました!ってCMやってますが、いや待て、入院日数はどうなってんの?って話です。実際ネット保険で見積もりしたことがありますが、全然安くなかったですよ、ここだけの話。

知らない、なんとなく、はもったいないです。
子どもがいたらめんどくさいと思っちゃうけど、直接会って、話を聞くことって大事だなぁと思う今日この頃です。

あちゃ。






posted by あちゃ。 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする