そこそこhappyLIFE。 > 子育てについて思うこと。

2017年01月30日

耳垢は自然に出てくる!?正しい耳のお手入れ方法。

スポンサードリンク


耳掃除って気持ちいいですよね〜。
あ、今!!って思った時に綿棒手に取れるのは幸せです(笑)

でも、耳垢は自然と体外へ排出されるもので、耳かきって必要ないどころか、家庭でしてはいけない!って言われていたりするそうで。私も子どもが病院かかってから知りました。初めて聞いた時にはビックリ。

この病院の先生の記事が面白かったです。
美容皮膚科の院長先生ですが(笑)

危険!!綿棒は耳に突っ込んではいけません、正しい耳掃除の方法は意外でした。

私が耳鼻科で聞いた話は、耳掃除は病院でするもの。一年〜半年に一回くらい。耳垢がたまりやすいと感じる人でも3〜4ヵ月に一回程度。綿棒は耳垢を押し込んでる可能性があるので、中に深く入れない事(1cmくらいまで)
中に押し込んでしまうと中耳炎の原因になるそうです。子供は風邪をひくと中耳炎になりやすいので注意した方がいいです。娘が風邪ひいたときに小児科で耳をみてくれて、耳垢とってくれました。
なんか…想像以上のモノが出てきてビックリしました…(;^_^A耳垢がたまってたのは片方だけでしたが、見事に中耳炎にもなって、小児科と耳鼻科を行ったり来たり。大変だった〜!

赤ちゃんはお風呂上りに耳のお手入れしますよね。
そのとき、綿棒の持ち方も教えてもらいました。

20170130112357197.jpg


ここまで!!
これ以上の長さは必要ないそうです。入口の汚れを拭う感じで。これ以上は危険らしいです。
まぁ、赤ちゃんでも光の速さで首ふる時があるからね。それも含めて危ないよね。

先日、朝おこして、さぁご飯だ〜!と抱っこしたら、息子の耳になんかついてて。あ、息子はもうすぐ11ヵ月です。たまらんかわいい盛りです(笑)
なにこれ?と手に取ったら、5oくらいの大きな耳垢だったんです。色々話を聞いても、母親から耳かきをしてもらって育った人間なので、「耳垢が自然にでる」が想像できなかったけど、本当だったんだ!!すごいの出た!と感動しました。思わず写真撮ったくらい!!

…載せたいけど、やめときます(;´∀`)

で、若干興奮しながら夫に話したんですよ。
ホントに出るんやね!耳かきって危ないって聞くもんね!!って。

「それってさ、お菓子は身体に悪いから食べない方がいいってのと一緒でさ、オレは耳垢取りたいから耳かきするんやないんよ、そこに綿棒があるからよ。耳かきって気持ちいいやん」

…妙に納得してしまった(;^ω^)
子どもは気を付けるけど、大人は自己責任ってことで(笑)

あちゃ。

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
posted by あちゃ。 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

学資保険を契約しました。

スポンサードリンク


タイトルまんま(笑)先日契約してきました。

先日つっても去年で11月の話だけどね。今更過ぎる記録。
娘の出産祝いと児童手当が、けっこうまとまった金額になったので、銀行に行ったときに相談したんです。これくらいあるから、一番利率がいい商品教えてくださいな、と。

私、むかーし銀行に勤めてて、そっから生命保険、損害保険の業界で働いてたんですね。さらに保険商品を調べるのも結構好き。で、相談したらどんな商品教えてくれるかしら?という好奇心もあって。
そんで契約したのは住友生命のたのしみ未来って商品です。全期前納して年金受け取りで返礼率は111.2%。悪くないです。

要は、保険料を一括で支払って置いとくんです。で18歳になったら、五年間、年に一回ずつまとまった金額で受け取るわけです。それが払った保険料より11.2%多い、と。一度に受け取ることもできますが、年金受け取りの方が返礼率がいいのです。中途解約したら、100%は返ってこないので損します。5年たてばちょっと増えますが。あとは縁起でもないですが死亡給付金はほぼ払った保険料くらいかな。定期預金においとくより、ずっと増えます。

基本の医療、ガン、死亡保険は自分が働いていたときにキッチリ契約してますが、増やすための保険は銀行が便利ですね。そのまま口座から引き落として契約できるし、もらえるノベルティも豊富(笑)
ウエットティッシュとか洗剤頂きました。ありがとうございます( ̄m ̄〃)

子どもが産まれると、学資保険だなんだと勧められますよね。
でも、名目はどうであれ、一番効率よく増やすことが大事だと思います。以前参加したセミナーで聞いたのですが、日本人は「お金に働いてもらう」意識が低いそうです。何となく定期預金、勧められた保険商品ではもったいない。まとまったお金があるなら、どう働いてもらって増やすか、それを考えたほうがいいと思います。知らないから、なんとなく怖い、ではなく調べて、相談して、納得して、選ぶのが一番いい。
子どものお金だから、何かあった時に使うわけでもない。どうせほっとくなら、効率よく増やしたいので、保険を契約したのです。

保険商品って、たくさんあって、選ぶのは難しい。そんな時は専門家に聞くのが一番いいと思います。その時大事なのは、目的をはっきりと伝えることです。例えば、自分の保障が欲しいのか、家族の保障が欲しいのか、資産を増やしたいのか。そして、保障を充実させたいのか、保険料を抑えたいのか。
よく保険は安かろう、悪かろうではないといいますが、保険料の違いは保障の違いです。入院日額5000円で、ネット保険に変えたら保険料が安くなりました!ってCMやってますが、いや待て、入院日数はどうなってんの?って話です。実際ネット保険で見積もりしたことがありますが、全然安くなかったですよ、ここだけの話。

知らない、なんとなく、はもったいないです。
子どもがいたらめんどくさいと思っちゃうけど、直接会って、話を聞くことって大事だなぁと思う今日この頃です。

あちゃ。






posted by あちゃ。 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする