そこそこhappyLIFE。 > 子育てについて思うこと。

2016年01月22日

あえて認可外保育施設を選択すること。

スポンサードリンク


自宅近所の認可外保育所が、認可が通り、制度が変わって通えなくなる、と知り合いのママが困ってました。
そんな手続きを進めていたことも聞かされておらず、突然の連絡を受けて、これからどこに通わせようか、色々悩んでいる、と。

その方は、自営に近い仕事をしていて、娘同士が同じ学年です。
私が先に仕事復帰していたので、どこに子どもを預けるのがいいか等、情報交換していました。
私の娘は、そことは別の認可外保育園に預けてました。もちろん、認可保育園に預けることも考えたので、役所に話を聞きに行きましたが、希望の園に空きがないことと金銭的な理由で認可外保育園を選びました。
認可外とはいえ、自治体の助成を受けている基準適合届出保育施設でした。認可外保育園も自治体HPで確認すると、保育士資格を持った職員の人数や、自治体からの改善指導中の事項など書いてあります。
そこに記載してある内容や、子どもを通わせたことのあるママ友から評判が良かったことを踏まえ、決めましたが、やはり不安はあるので、事前見学をさせてもらいました。

認可外保育園を選ぶとき、事前見学をさせてくれるかは重要なポイントだと思います。
保育内容がしっかりしていれば、日中の保育室を見学させてくれるし、保育士の対応を見ることが出来ます。

実は、私は保育士資格と、幼稚園教諭免許を保有しています。
68万人ほどいると言われている、潜在保育士の一人です(笑)

短大に通って資格を取りましたが、実習に行った保育園での先生の子どもに対する対応に愕然としたことがあります。まぁ、それが結構なトラウマで、自分も余裕をなくして子どもにこんな態度とってしまうかも!?と思って一般企業に就職しました。

それで何となく、自分の子どもは保育園ではなく幼稚園に通わせたいと漠然と考えてました。
でも、実際出産してみると、経済的にも自分の精神的にも、やっぱり働きたいと思ったので、子どもを預けて働く選択をしました。

働くお母さんは、まず認可保育園を選択する場合が多いと思います。
もちろん、国の基準を満たした設備があり、保育士の人数も充実していて、何より安心感があります。
私もそのつもりでしたが、調べると認可外保育園でも、給食やおもちゃにこだわり、しっかりした保育内容の施設もあるんだと知りました。

娘も最初は泣いていましたが、だんだん楽しそうに通い始め、習った手遊びや工作を見せてくれて、お友達と遊ぶようになりました。
子どもの様子が、どんな保育園かを一番教えてくれます。保育室が狭かったり、園庭がなかったり、年齢関係なくの保育内容だったりと、デメリットもありますが、子どもの様子を見て、あえて認可外保育園を選択するのもアリなんだと学びました。

最大のデメリットは、突然の閉園もありえることですかねー。
娘の通っていた施設は、ビルの二階にあったんですが、消防法にひっかかったのと、経営者の体調不良で、ある日突然二か月後に閉園すると知らされました。
深夜までやっていて、夕方預けて、夜働くお母さんもけっこういたので、本当に困っただろうと思います。

ライフスタイルが多様化しているからこそ、臨機応変に対応してくれる保育施設が必要です。
補助とか、もっとどうにかならないのかな〜、と、もどかしく感じますね。

あちゃ。


にほんブログ村


にほんブログ村





posted by あちゃ。 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

雨上がりに。

スポンサードリンク



「こちら、葉っぱがいっぱいでーす」

20151210214255783.jpg


長靴のときは、こんな風に葉っぱ道を突き進んでいいことにしています。
普通のお靴のときは、汚れちゃうからやめとこうね、と説明すると納得してくれるのは嬉しいんですが、聞き分けが良くて心配になることもあります。

子育てに正解はないので、常に自問自答です。
けっこう厳しく怒ることもあるので(^_^;

今1番心掛けているのは、何でも説明させること。例えば「お鼻がでたー!」と言っても、私は動きません。「そっか〜」と答えると「お鼻が出たからチュンしてください!」と言えます。靴は自分で脱げますが、まだまだ甘えたい歳。だからと言って、すぐ手を出さずに「お手伝いしてください」が言えるまで待ちます。
娘の(してほしいな〜)光線を、スルーするのが特技です(笑)

言葉の発達は、個人差が大きいので難しいですが、とにかく何でも「お願いしようね、お口で言おうね」と伝えてます。

子育てのゴールは、年齢ではなく、1人で生きていける様になるまでだと考えてます。それは経済的な自立というよりは、必要な時に人の力をかりたり、適切な判断が出来るだけの知恵をつけること。
そのために、想像力、創造力をつけて欲しいと願っています。

「こう育ってほしい」という願望はないけれど、自分自身が「こう育てたい」という目標は、常に持っていようと思います。

まぁ、バタバタして切羽詰ると忘れたりもしますけど(^_^;
そんな自分を許すことも大切です(笑)


〜おまけ〜

今日のマタニティコーデ。

20151210214140053.jpg

授乳口付きマタニティワンピースにカーディガンの、どこからどう見てもマタニティ。雨だったので、タイツにサイドゴアブーツ。
マタニティタイツは色々試したけど、無印良品が一番履き心地がいいです。


あちゃ。


にほんブログ村


にほんブログ村

posted by あちゃ。 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする